家庭教師や塾を活用して子供の未来を明るくコーディネイト!

桜

レベルに合った学習

学生

予備校や塾に入れたからといって、成績は上がるというわけではありません。
「今でしょ!」という言葉が2013年の流行語になりました。「うん、確かに今だな!」と思って、小学生などのお子さんを予備校や塾に入れたお母さん、お父さん。小学生などのお子さんの成績は伸びていますか?”集団指導で授業を受ける為には、授業を受ける上で満たさないといけないポイントがあります。予備校や塾には集団指導と、京都などの家庭教師による個別指導の2種類があります。集団指導の予備校や塾に小学生などのお子さんを入れて結果が出なかった・・・これは、小学生などのお子さんが集団指導に合っていないという証拠です。”分からないことを質問出来る意欲が必要ですが、人見知りの生徒や控えめな生徒は質問出来ないでしょう。集団指導の予備校や塾で成績をあげる為のポイントは、分からない箇所を決して放置しないこと、他の生徒に対してライバル意識を持つこと、予習や復習を徹底することです。集団指導は大勢の生徒に向けて講師が授業を行います。その結果、その授業に不明点がある生徒は、授業回数が増えるごとにどんどん不明点が増えていきます。分からない箇所が多くなり過ぎて、授業についていけなくなってしまうんです。集団指導で学力が上がるどころか、学力が低下したり、勉強が嫌いになってしまうのです。また、他の生徒をライバル意識して「負けない!」と思えるようになれば、予習、復習への意欲は増すでしょう。でも、中には他の生徒との成績の差で劣等感を感じてしまう生徒もいるでしょう。そういう生徒は、どんどん勉強するのが嫌になってしまいます。”個別だからこそ出来る、その生徒に合った学習が京都などの家庭教師による個別指導では叶うのです。京都などの家庭教師による個別指導は違います。生徒の「分からない」を放置しませんし、分からない点を確実に解決することに重点を置いて授業をすすめていくことが出来ます。また、京都などの家庭教師による個別指導は生徒が授業を休んでしまった時でも、カリキュラムを先には進めません。